施工事例

奈良県 斑鳩町にて外構工事。

奈良県斑鳩町での外構工事です。 アプローチは御影の板石をシンプル配置。フェンスはアルミのクールなデザインのものを採用。

管理が大変なので、とういことで植栽は控え目に。

リビング前には広めの樹脂製のデッキを設置。木目調の素材なのですが、精巧にできていて、一見では天然木に見えますねー。

 


奈良市 四条大路の石積の庭、完成。

石積に時間がかかっていた奈良市四条大路のY様邸のお庭。ようやくの完成です。

Y様、小さいお子様もいるお若いご夫婦ですが、ご主人のたってのご希望で石積を配することに。ほかの予算を削ってまで石積の費用を捻出してくだださったので、こちらも気合が入ります。

相場や控え、”崩し品”を意識しながら一石、一石積みました。最近はこれほどのボリュームの石積仕事はなかなか無いので、楽しみながら現場となりました。

ウッドデッキはこだわりの杉板赤身を使用。足は浮遊感を演出するためにあえての鋼製束です。

植栽はナツハゼ、ジューンベリー、ソヨゴおよび下草類。

メインの庭はこれからご家族で楽しみながらゆっくり作っていくとのことです。

休みの日は石積が目を引く広いお庭に、やんちゃ盛りのお子さま達の賑やかな声が響きます。


天然木の板塀、作成事例。

ここしばらく造園・外構工事が続いていましたが、ほぼもれなく板塀の設置工事がありました。仕様も少しづつ違っていますので、参考までにご紹介を。

セランガンバツというハードウッドを使用しています。耐久性は抜群ですが、木目はなくちょっと無機質な感じはします。
こちらは杉板赤身になります。無色の紫外線カットの塗料を塗布して杉板の美しさを全面にアピール。
こちらも同じく杉板ですが、キシラデコール(ウォルナット)を塗布しています。板の隙間は5㎜と狭く、目隠し重視の仕様となっています。
こちらも杉板で、キシラデコール(オリーブ)の塗装です。
板の隙間は5mmで、こちらは縦張りです。

 

それぞれ、傷みやすい柱にはアルミ材を使用してあり、心材にはビスがしっかりと利くように桧材を仕込んであります。

板塀だといろんな大きさ、形状、扉の設置等の造作が出来るので細かなご要望のお答えできるというメリットがあります。美観的にも自然になじみ落ち着いた雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。耐久性が心配!との声をよく聞きますが、ハードウッドはもちろん、杉材も赤身などの良質な材を選ぶことで、高い耐久性を発揮します。

よろしければ、選択肢の一つに加えていただければと思います。


京都府木津川市にて、外構・造園工事。

京都府木津川市にて、N様邸外構・造園工事

この度は木津川市城山台にての外構・造園工事です。

目を引く木製のフェンスは杉板の赤身材を使用し、紫外線カットのクリア塗装を施してあります。

木目が綺麗な上質な赤身杉板で、1ヶ月以上自然乾燥の後製材していただきました。

通路は枕木でシンプルで柔らかい印象に。植栽はメインツリーのアオダモと芝生です。

門柱も幅広の枕木に銅管でインターホンの配線を通しました。

建物も自然素材を多用したナチュラルテイストで、施主様ご夫妻もシンプルかつ柔らかな感じのエントランス、外観にしたいとのご要望でした。

木のぬくもりが感じられ、下草や鉢植えをご家族みんなで楽しみながら植えていきたいと、喜んでいただきました。

 

 


大和郡山市 稗田町にて玄関アプローチ工事。

大和郡山市 稗田町にてのアプローチ工事です。

建築をされた工務店さんに円柱のコンクリートピースの在庫が多数あるとのことで、それを有効活用して欲しいとのこと。

この部材、よく見かけはしますが本来の用途は??

少し思案の末、駐輪場の土間コンクリートの代わりに敷き詰めて、少し間を抜いて大磯の洗い出しに。道路際には植栽枡を作りました。

アプローチは自然石の石畳に。

ちょっと変わった試みの駐輪場のなりましたが、まずまずの完成度では、と。

材料の指定でもされなければ、まず使わないであろう素材だったので面白い経験でした!


奈良市 あやめ池にて新築造園・外構工事

奈良市 あやめ池にて新築の造園・外構工事です。

アプローチ階段は板石で、ステップ横の擁壁は杉板目をつけてあります。

正面の植栽は施主様から雑木の庭とのご要望もあり、株立の落葉を中心に(アオダモ、アオハダ、ナツハゼ、ヒメシャラ、ヤマモモ、ハイノキ、ヤマモミジ etc)

中庭は目隠しに杉板のフェンス。基礎のブロックはこだわりの馬積に。

中庭は後々施主様がいろいろと手を加えていけるように植栽や造作物は少なめに、既存の水鉢・踏み石を配置。小さい方の水鉢は”かなんぼう”と言われる奈良特有の石出来たもの今では貴重なものでした。

春には下草類も茂ってきて、さらに賑やかなお庭になっていくと思います。

 

 


外構工事の施工例です。

セランガンバツの板塀です。ハードウッドは腐りにくくシロアリの心配もありません。

 

タイル張りの門柱に、掃き出し窓の目隠しフェンスはノーメンテのアルミ製を。

 

雑草対策の兼ね、極力手の掛からないようにとのご要望で人工芝に。化粧砂利の下には防草シートを張っています。

フェンスはアルミ製で、植栽は必要最小限にとどめました。

 

 


生駒市壱分町にて、S様邸造園工事。

生駒市壱分町にて、個人様邸の新築造園工事です。

門柱は少しRをつけた石積仕様で。手間暇はかかりましたが、仕上がってみるとやはり存在感のある”お庭の顔”になりました。

アプローチには白い窯変レンガを。

見晴らしの良い裏庭には、樹脂製ウッドデッキを設置してくつろぎのスペースに。


生駒市真弓にて、新築植栽工事。

生駒市真弓にて、新築植栽工事です。

小さなお子様が3人いらっしゃるので、眺める庭より遊べる庭がご希望でした。

庭の大部分は芝生で、お子さま達のプレイヤードに。

植栽は、お子さま達も感心が持てるようにジューンベリー、レモン、キンカン、みかん、ブルーベリー、ナツハゼと実が成るのもを主にアオダモ、カツラを配置。

さっそく小さなお子様たちは、ジューンベリー、ブルーベリーの収穫に夢中でした。

黄色い声ではしゃぐ子供たちは、見ているだけでほのぼのしますね。

次は二次工事として、ご主人ご要望のガーデン・オープンテラス設置予定です!

 


奈良市西登美ケ丘にて、H様邸新築造園工事。

 

奈良市西登美ヶ丘での新築造園工です。

薪ストーブもあり、細部にかなりこだわりのあるH様邸の新築造園工事をうけたまわりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場土間コンクリートの割り方にも変化をつけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薪棚や木フェンスも設置、石積もふんだんに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中庭は施主様ご自身で芝生庭にされるとのことで、今回はその下地のみの施工で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関アプローチには白の大ぶりな窯変レンガでペイビング。正面に低木や下草を配して自然石をあしらいました。まだまだこれから施主様が作り上げていくお庭になりますので、完成形ではありませんがベースの部分はしっかりと作らせていただきました。これからどういう風に施主様色に変わっていくのかも楽しみではありますね。