施工事例

奈良市高畑町にて、S様邸新築にともなう造園工事。

この度は奈良市高畑町にて、新築にともなう造園工事です。施主様が庭園デザインのお仕事をされていたとのことで、専門的な知識もおありで私も刺激をうけながらの楽しい作業となりました。

              リビング前にはデッシェイド付きのパーゴラを設置したまし。表庭とはセランガンバツの板塀で仕切っています。

              季節のいいときには、ここでまどろみながら読書にふけるのもいいですね~

              裏には灌水用にイギリス製ハーコスタの雨水タンクも設置しました。

正面の植栽はアオダモ、ナツハゼを中心に、マルバノキ、コバノズイナを。

奥様が選ばれたかわいいポストがお庭溶け込んでいて、施主様のお人柄が良く出た暖かみにあるお庭仕上がったのでは、と思います。


奈良県磯城郡川西町にて、河川芝生張り。

河川法面の芝生張り工事です。野芝とい強い品種の切芝ですが、今回は約4700㎡というかなり広い範囲での作業となりました。

現場が広いのトラックが小さく見えますが、20tトレーラーです

かなり大量の野芝、荷下ろし作業中。これで2000束の芝生です

法面なので、竹の串(目串)を打って芝生が活着するよう固定していきます。

地道な作業ですが、多くのご協力をいただき延べ14日間の工事が無事完了しました。

日程の調整等、ご無理を聞いていただた各協力会社の皆様方に厚く御礼申し上げます。

 


奈良市菅原町にて、U様邸造園工事。

この度は、奈良市菅原町にての造園工事です。

建物もかなりこだわりのあるおしゃれな外観です。内装も凝っていて、とても居心地のよさそうなU様邸です。

施主様のご要望や、お庭のデザインに関する期待も大きく、和のテイストもありながら他にはない物を・・・とのことでした。

道路から玄関ドアを遮るためにルーバーをご希望されました。

もちろん既成商品やありきたりのものでは満足いただけないと思い、思案の末アイアンでオリジナルデザインのものを。

茶室の円窓をモチーフに、斜めルーバーにしてなおかつひねりを加えました。

見る角度により、円と枠の白黒が入れ替わります。

門柱もアイアン製のオリジナルです。よく灯篭のデザインにもある三日月を配して、ライトを仕込みました。三日月はこれから満月へと向かう成長や希望の象徴でもあります。

正面の植栽帯は、アイアンの錆加工を施したものを使用。

側面の植栽帯は自然石を配して、中庭へとつづく通路へと。

ご自宅をかなりこだわって建てられたのがよくわかる施主様であったので、お庭へこだわりや期待も大きく、出来る限りそれにこたえようと試行錯誤の作庭でした。

その分時間もかかりましたが、施主様の笑顔を見る限りではご期待に添えたのではないかと思っています。

 

 

 

 


葛城市にて、I様邸造園・外構工事。

この度は、奈良県葛城市にてI様邸新築に伴う造園・外構工事です。

板塀は大和張りのアレンジ仕様で、枠組みはアルミ材を使っています。

中庭にはエコアコールウッドという90年は腐らないという防腐処理を施した杉板を使ってのウッドデッキを。

植栽は少なめですが、落葉を中心に下草を配置。シンプルなデザインのサンワカンパニー製の門柱を設置して、駐車場・アプローチはコンクリートを打設。玄関ポーチは外観に合わせて、左官墨を入れて黒く仕上げています。

 


奈良市芝辻町にて、ウッドデッキ設置工事。

古いウッドデッキを解体して、新しいウッドデッキの設置です。

今回はセランガンバツというハードウッドを使用。ハードウッドの中でもコスパに優れ、加工もしやすいのでおススメの材です。塗装は浸透性のある油性クリア塗装です。

同じくセランガンバツ材の板塀も併設しました。


京都府精華町 桜ヶ丘にて。T様邸お庭リフォーム工事

この度は、建物のリフォーム工事に伴うお庭のリフォーム工事です。

狭かったアプローチ階段の幅を広げて、板石で作り直しました。

リビング前には既存ウッドデッキがありましたが、大き過ぎたのでカットして再塗装。小さいお子様も安心して走り回れるように、人工芝も敷きました。

正面の植栽帯はセランガンバツ材で仕切りを立てて、ナツハゼ、コバノズイナなどを植栽。その後ろのにはシンボルツリーのアオダモを。

 


奈良町にて、N様邸兼店舗新築工事の外構工事

この度は、奈良町にて日本料理の店舗の外構工事です。

街並みになじむ雰囲気と高級感をかもし出す板塀の設置です。

杉板の縦張り、横桟を4箇所配してます。

嵐山吉兆で修行されたご主人の、こだわりが詰まった空間に仕上がりました。

 

 

 


奈良市宝来町にて、I様邸新築造園・外構工事。

この度は、奈良市宝来町にて新築にともなう造園・外構工事です。

ウッドフェンスはセランガンバツ材を使用。

中庭には、タイルデッキの上にセランガンバツのローデッキを製作。

門柱はタイル貼り、アプローチは大判の板石を配して迫力のある仕上りになりました。

アプローチの両サイドには山採りのヤマボウシ、アオダモ、ナツハゼを植栽。トキワヤマボウシや下草には両面シダ、ギボウシキチジョウソウ等を。

 


京都府相楽郡精華町桜ヶ丘にて、M様邸造園工事。

京都府相楽郡精華町桜ヶ丘にて、M様邸新築にともなう造園工事です。 窓枠や軒に杉板をふんだんに使った和モダンな外観の立派なつくりの建物です。

それに合わせて板塀は杉板1等赤身に防虫・防水・紫外線カットの透明塗料を塗布して、杉板の木目の美しさをアピール。透明塗料で、自然な経年劣化を楽しんでいただけるようにと。

石好きのご主人のご要望で、駐車場には黒御影の板石を敷きました。

門柱ポストは、シンプルで落ち着きのあるステンレス製を。宅配BOX機能も備えています。

 

正面は土留めも兼ねて自然石を配して植栽を、高低差がおおきくなる法面部分は、姫高麗芝を張りました。

 

 


奈良県大和郡山市にて、板塀設置工事。

ひろ~い家庭菜園と外部道路とを仕切る板塀の設置工事です。

使用している杉板赤身1等埋め木処理、は伊賀上野のこだわり製材所の西尾製材さんからの仕入れです。

いつも杉板赤身のみで材料を揃えていただける、心強い製材所さんです。

柱には50角のアルミを、笠木には4mm厚にアルミフラットバーを使用。

防腐・撥水塗装もしっかりしていますが、やはり元の杉材が赤身なので耐久性も高くなります。

 


1234